趣味と習い事の違い

 

 

趣味と習い事は違う

 

最近、そう思うようになりました。

 

 

オカリナの発表会を終えて、レッスンが再開しました。

発表会に出られた方は、とても楽しかったと言ってっくれ、これからも「どこかで吹きたい」と言うのです。

これを受けて「ああ、趣味と習い事は違うんだ」と思ったのです。

 

 

ここではオカリナを特化しますが

ドレミファソラシドを習っているのは「習い事」

同じくドレミファソラシドでも、人に聴かせてあげるのは「趣味」

 

 

ひとことで言えば…

 

アウトプット?するようになれば「趣味」かなと。

 

 

ようやく、自分のやりたかった教室が見えてきましたし、生徒さんにも伝わり始めました。

 

 

「聴かせるオカリナ」です。

 

 

上手いとか、下手だとか、そんなの関係なくて

自分が楽しい、自分が好きと思えるものを、人に聴かせてあげる。

その時間を分かち合う。

 

上手いとか、下手だとか、そんなの関係なくて

そこにあったかい空気が流れて、楽しいひとときがあれば、それは素晴らしいこと。

 

 

私は、そういう分かち合いと、拡がりをサポートしていきたいとあらためて願います。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@友だち追加お願いします

LINE@を始めました。ぜひお友だち追加をお願いします。お友達になっていただいた方には、いろいろな特典をプレゼントしています。

このボタンをクリックしてください。

友だち追加


(特典1)
私の人生に起きた挫折と奇跡の体験を7つのスペシャルな動画にまとめました(非公開)。その7つの動画を特別にすべてご覧いただけます。 1番目の動画「夢」だけ今回ご覧いただけます。詳しくはこのページの内容を読んでください。

(特典2)
今ならさくらいりょうこと1:1トークでお話ができます。友達がたくさん増えたら突然中止するかもしれません。

(特典3)
コンサートやセミナーの割引クーポンがあります。

LINEのID検索で、 @ryoko で検索してしても登録できます。

ページ上部へ戻る