思考の現実化までのタイムラグとその瞬間

 

「思考を現実化するのにはタイムラグがある」と本で読んだことがあります。魔法使いのように、魔法をかければすぐになんでもできるというものではありません。何度も書いてきましたが、このタイムラグの間に湧き上がるマイナス思考(願いは叶わないと打ち消してしまう思考)がすべてを台無しにするのです。

 

著書「あしたを生きることば」の出版が決まるまでにも、何度もそういう思考が湧き上がりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・★notice★

さくらいりょうこパワーオカリナライブのお知らせ

8月8日:大阪ボニーラ

9月7日:東京アートカフェフレンズ

★notice★・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回の投稿「チャンスの神様が目の前にやってくるとき」の最後に書いた言葉は、チャンスの神様の言葉です。少なくとも2000人、2500人は集まる大イベントでのメインスピーカーの依頼(問い合わせ)が来たときに、私の応援者であったAさんも、また、主催者さんも「著書はないのか?」と聞くのです。

 

 

夏になる頃の話だったと思います。

そのイベントは翌年の4月。

私は本がどういう行程でできるのかも知らないし、まして出版できるのかすらわからない。それどころかメインスピーカーと言っても日程確保の段階で、まだ私に決まったわけでもありません。

 

 

瞬時にいろいろなことを考えました。

できない理由もいっぱい浮かびました。しかし、それをできる理由に変えていかないといけない!という思いがどんどん湧き上がってきます。この瞬間が「現実化の瞬間」です。思考が現実化する経験をお持ちの方は、思い出してみてください。きっとこの瞬間があるはずです。

 

ゆっくり人生を歩みたい方にはしんどい発想かもしれませんが、このときに私の心に明確な答えがひとつだけあったのです。

 

 

自分の書籍をつくるチャンスは今しかないこと。

なぜなら、発売日が決まったからです。

 

翌年の4月20日には大イベントで講演をする。

その日に書籍を販売できる。

書籍の発売日はそれより後では何の意味もない。

 

 

私が講演会でよく言う「夢に日付が入る瞬間」です。

夢に日付けが入れば目標となる。

出版の夢は、私の中で目標となりました。

 

 

これが現実化です。

ここからは性格によって受け止め方は様々です。先ほど書きましたように、ゆっくり生きたい人には、少ししんどいことかもしれません。目標に向かってスケジューリングするからです。それは「達成する」という目的です。

 

さて、どこから手をつけるのか。

 

 

ここまで読んでくださった方はわかりますよね。

その日、帰宅した私は、しまい込んでいた出版プロデューサーの名刺を出してきました。そして「4月20日に書籍を販売したい」とメールを入れるのです。もちろん企画書もまだありません。今思えば、かなり強引なメールでした(笑)。

 

さて、その後はいかに。

続きはまた明日♪

 

 

さくらいりょうこ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@友だち追加お願いします

LINE@を始めました。ぜひお友だち追加をお願いします。お友達になっていただいた方には、いろいろな特典をプレゼントしています。

このボタンをクリックしてください。

友だち追加


(特典1)
私の人生に起きた挫折と奇跡の体験を7つのスペシャルな動画にまとめました(非公開)。その7つの動画を特別にすべてご覧いただけます。 1番目の動画「夢」だけ今回ご覧いただけます。詳しくはこのページの内容を読んでください。

(特典2)
今ならさくらいりょうこと1:1トークでお話ができます。友達がたくさん増えたら突然中止するかもしれません。

(特典3)
コンサートやセミナーの割引クーポンがあります。

LINEのID検索で、 @ryoko で検索してしても登録できます。

ページ上部へ戻る