小さな幸せは、大きな幸せをつれてくる(2)

 

こんにちは。

りょうこです♪

 

 

先日のブログをFacebookでシェアしたら

たくさんコメントを寄せていただきました。

ありがとうございます(*^。^*)。

 

 

 

そのつづきです。

 

 

・・・・・・・・・・

小さな幸せは大きな幸せを連れてくる(3)

・・・・・・・・・・

 

難病を患いながらも

周りの人の励ましと支えのおかげで

一歩ずつ社会復帰をした私は、本当に幸せ者だと思います。

 

しかしながら

思うようにならない体と激痛が

なかなか幸せを感じる余裕を与えてくれませんでした。

 

 

おなかが痛い

 

という誰にでも経験のある症状ですが

前にも書きましたとおり、

腸閉塞をいつ起こしてもおかしくない狭さの腸管は

ズキズキと痛み、数メートル歩くのがやっとでした。

 

やっと手に入れた仕事とはいえ

駅に向かう足取りは重く、心はへとへとでした。

 

 

ある朝のこと

痛むおなかを抱えながら駅まで歩いていると

ふわりといい香りがしてきました。

 

 

金木犀の香りです。

あまりのいい香りに、深く息を吸い込みました。

 

 

すると

からだがふわりと軽くなりました。

同時に、過去の思い出が一気によみがえってきます。

 

 

 

実家には金木犀の木があります。

毎年、秋になる頃、小さなオレンジ色の花を咲かせて

そこらじゅうにいい香りを放ちます。

 

 

小学生のときも

中学生のときも

高校生も大学生も

 

いつも、この香りに出あうと

「今日はいいことありそう」

と、足取り軽やかに学校に行ったものです。

 

 

 

不思議です。

そんな思い出を振り返っていると

「いいことありそう」と思えてきました。

不思議です。

あれほど苦しかった腹痛はらくになり

からだの内側から力が湧いてくるのがわかります。

駅までの道のりも気分よく歩けました。

仕事も楽しくできます。

特に「いいこと」があったわけではないのですが

その日じゅう「いいことありそう」と思いながら過ごすことができました。

 

 

そうして家に帰ります。

ドアを開けるときにふと

 

 

「なんだか幸せだなあ」

 

と、つぶやいている私がいました。

 

 

「明日もこんな日だったらいいのにな」

 

幸せ気分いっぱいです。

 

そして翌朝。

家のドアを開けると、

昨日と同じように、そこらじゅうに金木犀の香りは漂っています。

 

深呼吸。

深呼吸。

深呼吸。

 

何度も深く息を吸い込んでみるけれど

昨日のような幸せを感じません。

もう一度、あの幸せな感覚を味わいたいと

深呼吸をしてもだめでした。

 

 

そして

その次の日も

その次の日も

深呼吸をしましたが

あの「なんだか幸せ」という感覚になりません。

 

 

そして

金木犀は散ってしまいました。

 

 

つづく

 

 

( *´艸`)

続きも読んでね♪

 

★りょうこのメルマガご登録は↙こちら★
http://ryokos.jp/m/
★7つの講話とWebコンサート配信中★

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@友だち追加お願いします

LINE@を始めました。ぜひお友だち追加をお願いします。お友達になっていただいた方には、いろいろな特典をプレゼントしています。

このボタンをクリックしてください。

友だち追加


(特典1)
私の人生に起きた挫折と奇跡の体験を7つのスペシャルな動画にまとめました(非公開)。その7つの動画を特別にすべてご覧いただけます。 1番目の動画「夢」だけ今回ご覧いただけます。詳しくはこのページの内容を読んでください。

(特典2)
今ならさくらいりょうこと1:1トークでお話ができます。友達がたくさん増えたら突然中止するかもしれません。

(特典3)
コンサートやセミナーの割引クーポンがあります。

LINEのID検索で、 @ryoko で検索してしても登録できます。

ページ上部へ戻る