夢と目標(1)

 

こんにちは。さくらいりょうこです。

いつもありがとうございます。

降り注ぐような蝉の声に「夏だなあ」と感じます。

 

 

ふと小さいころの夏を思い出しました。

クーラーと呼ばれたエアコンはまだまだ普及しておらず、昼間は扇風機オンリーでした。

それでも耐えられる暑さだったなあと思い出します。

天気予報で「明日は30度を超える」と見て驚いていたくらいですから。

40度を超える日もある現在では考えられない「快適な夏」でした。

 

 

夏休みの朝といえばラジオ体操。

ひんやりした朝が大好きで早起きも苦になりませんでした。

お昼間はだるだる過ごしていましたね。

夏休みの宿題もせず、ピアノのおけいこもそこそこに、長い休みを退屈していたことを思い出します。

思えば、その頃から、未来の自分が「こうなればいいな」「ああなればいいな」と空想の世界で描いていました。

夢を描いている時間はとても楽しいひとときでした。

 

 

 

私のメルマガ登録のページで、7つの講話とWebコンサートの一話目をご覧いただけるのですが、そこで「夢」の話をしています。そちらでも少し触れましたが、私は中学校での学校講演で「夢ってなんですか?」と必ず聞きます。そして、その問いかけは、「夢なんて叶わない」と思い始めている生徒さんの心に響くようです。

 

 

 

どうして「夢なんて叶わない」と思うのかには、いくつもの理由があると思います。

 

 

才能がないと思う自信のなさであったり、それを環境のせいにしたり…。

よく聞くのは「親が無理だって言った」という言葉です。

残念ながら、ご家族がドリームキラーになっていることも多いのです。

 

 

 

中学生の私が、憧れる大人ってどんな大人だろうと想像してみました。

皆さん、どうでしょう?

 

憧れる大人

それがご両親だとすれば、それは素晴らしいことですよね。

きっと、子どもさんは、ご両親の生き方を見ているのでしょう。

 

 

 

ここで大切なことに気づきます。

 

大人は思っている以上に「子どもたちにに見られている」ということ。

もちろん、正しく生きる姿を見せることも大切です。

でも、それよりも見せてほしいと思うのは「輝く姿」です。

 

 

大人の人に「夢ってなんですか?」と聞くと、大半の人が家族の幸せを願います。

しかし、それは願いであって、夢ではありません。(ここで言う夢とは目標という意味に近いです)

あまりしつこく聞くと「夢を持つことがそんなに大切なのか?」と言う方もいます。

その大切さは、次かその次のブログに書きますので、また読んでくださいね。

 

 

私は信じています。

どんな夢でもいい、何か「こうしたい」という意識があれば、人は輝くのです

そして、その輝く姿に子どもたちは憧れを抱くのだと。

 

 

次回のメルマガでは「願えば叶う」という夢の話を書きます。

引き寄せ力が強いと言われている私が描いた小さな夢とは…

 

ご登録がまだの方はぜひ下記からお願いします。

苗字とメールアドレスをご入力いただくだけです。

ご登録していただくと7つの講話とWebコンサートも配信されます。

ごらんいただいた方からは「ものすごく得した気分になった」と言っていただいています(*^。^*)

一話6~7分です。

お時間つくってみてくださいね。

ご覧いただいたご感想をコメントいただければとっても嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

 

 

ご登録は↓こちらから。

★りょうこのメルマガ★
ご登録はこちらから

Facebookからお越しの方はクリック後「リンクに移動」してくださいね♪

 ★7つの講話とWebコンサート配信中★

それでは、また。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@友だち追加お願いします

LINE@を始めました。ぜひお友だち追加をお願いします。お友達になっていただいた方には、いろいろな特典をプレゼントしています。

このボタンをクリックしてください。

友だち追加


(特典1)
私の人生に起きた挫折と奇跡の体験を7つのスペシャルな動画にまとめました(非公開)。その7つの動画を特別にすべてご覧いただけます。 1番目の動画「夢」だけ今回ご覧いただけます。詳しくはこのページの内容を読んでください。

(特典2)
今ならさくらいりょうこと1:1トークでお話ができます。友達がたくさん増えたら突然中止するかもしれません。

(特典3)
コンサートやセミナーの割引クーポンがあります。

LINEのID検索で、 @ryoko で検索してしても登録できます。

ページ上部へ戻る